寺村鍼灸院

03-3826-6880
 

長寿と鍼灸

人間はオギャアと生まれ出たとき誰もが125歳まで生きられるように設計されているといわれています。 しかし現実は世界一の長寿国日本でさえ平均寿命は70歳代から80歳代止まりということで125歳には程遠い状態です。 これは病気、怪我、ストレス、公害などの環境因子がマイナス要因となって人間本来の寿命を押し下げているからです。 つまり私たちは天寿をまっとうできずに寿命を縮めながら生きている ということになります、そしてマイナス要因の程度によってその人の寿命が決まります。 医学の進歩は目覚しく特に病気や怪我に関しては確実に寿命を伸ばす方向に働いています。 ただその内容を見た場合、必ずしも満足の行く状態とはいえません、 それは寝たきりの状態で生かされているという傾向が今後高齢社会 が深まるにつれ増加してくるからです。 警察は犯罪を犯さないと捕まえてくれないように、病院は病気にならなければ診てくれません、つまり未病の状態では診てくれないのです。 高齢社会を健康で気持ちよく生きていく為には、病気、怪我、ストレス、公害に打ち勝つだけの体力、気力、精神力が必要です。 東洋医学の一翼を担っている鍼灸治療は、衰えかけた体力、気力、 精神力に活力を与え、未病状態から健康状態に引き戻すことのでき る最も有効な治療法です。 鍼灸治療を高齢者の治療と思っている健康なあなたはただひたすら寿命を減らし続け、もうすでに未病の段階を踏み越えているかもしれ ません。 バランスのよい食事、適度な運動、充分な睡眠は健康維持に必要条件であるけれども、これだけで完璧とはいえません、これを後天の精 として長寿に結び付けるには、やはり鍼灸治療による経絡バランスの調整が必要になってくるのです。

PCサイト
無料
無料 無料